梅は不妊治療を保険適用にって言うのには反対ではないものの、現実的には難しいだろうなという考えです。

梅の見解なので間違ってる部分もあるかと思いますがこんな意見もあるんだな程度に読んでくださると嬉しいです。。。

スッキリの不妊治療特集は見れなかったのですが
この画像はネットで見ました。
IMG_20190710_104433

不妊も疾病でしょ?!って意見もわかります。

ただ医療費の計算ってそう簡単なものでもなくて、

医療の費用は薬の値段を薬価で、医者の施術費用を診療報酬って制度で計算されてます。
一点10円で計算されてて、その3割が患者負担になってます。

保険診療は施術別に点数が決まってて全国、どの施設で治療を受けても一定のレベル、一定の効果が期待できるよう基準化されています。普段風邪で診察してもらったり、一般的な手術を受けたりはこれです。

一方で不妊治療で高額になってくる人工受精、体外受精等は基本的に自由診療です。自由診療は保険適用外です。この自由診療に保険診療が含まれていたとしてもそれは保険適用外になります。これは混合診療をしてはいけないルールだからです。

病気による不妊ってなったら話が違ってくるのかもしれませんが。。

自由診療だから病院によって費用にバラツキがでてるんです。
保険適用にするには不妊治療を自由診療から保険診療に標準化しなきゃですが

歯医者のインプラント治療もそうですが
病院個々の医療技術が一概に統一じゃないんですよね。

だからすぐ診療報酬の点数を定めて全国統一料金にしろっていっても難しいと思います。。

医薬品についても、現状は、排卵誘発剤を排卵障害の治療目的で処方されると保険適用にできたとしても、体外受精での診療内での投与ってなると保険適用外です。

だから人工受精、体外受精を含む不妊治療すべてを保険適用にするのには
結構難しいハードルがあると思うわけです。

タイミング指導とか検査とか一部は行政が頑張れば保険適用も可能かもしれませんが。。いや、そのレベルは病院によっては保険適用内でやってくれるとこもあるのかな。。

どちらにせよ、保険適用にするには、
不妊治療についての、医療制度の見直しからやらなきゃなので

そりゃ、そんなめんどくさいことをお役人はやりたがらないだろうなというのが梅の見解です。

なので補助金という形での支援の方が、現実的だなとも思います。

冒頭の厚労のコメントも
「体外受精などは医療保険の対象となる保険診療にあたらない(自由診療)ため」ってコメントすればまだ、あー。。。と納得はできるのに。。と梅は思いました。

補助金にしろ、保険適用にしろ、
どちらも税金を使う話なので

今の国民医療費のかかり方を考えると、保険適用を広げるなら消費税等の税金をもっとあげなきゃ賄えないでしょうし、

税金を上げないで無駄を省いてってことで

1回数百万の抗がん剤を保険適用から外すとか

湿布などの外用剤を保険適用外にして高齢者方に負担してもらうとか

議員定数を減らしたり議員報酬を減らしたりとか

税金をあげなくても出来ることはあっても

各々の勢力の反対とか

それに伴う手間を政治家達は嫌がるので

一番簡単な増税って舵取りになるわけで。。。


それに不妊治療を保険適用にってなったら

妊婦検診や出産費用を保険適用に!って意見も出てくるでしょうし。。

子供を望む家庭すべてが妊娠できるような制度が整っている状態を梅も実現すべきだとは思うのですがなかなか今の日本の医療制度では限界があるなとも思います(´・ω・`)

あと話は逸れますが、男性不妊についてはもっと周知されるべきだと思います。

検査を嫌がる男性は多いでしょうが(男はプライドの高い生き物ですからね)

もっと結婚前のブライダルチェックを推進するとかね。。
婦人科以外で男性不妊を調べられたりね。。内科とか、泌尿器科科とか。。。